B級ホラー映画人

 ネタバレなしのホラー映画のレビューサイトです!

『クロユリ団地』ホラー映画レビュー

クロユリ団地

クロユリ団地 スタンダード・エディション [Blu-ray]

 あらすじ
老朽化したクロユリ団地へと移り住んできた明日香(前田敦子)は、隣室から聞こえる何かを引っかくような音にへきえきしていた。ある日、鳴りやまない目覚まし時計の音を発端に、隣室で亡くなっている老人を見つけてしまう。それを機に周囲で頻発する怪現象に対する恐怖、老人を救えなかったという罪悪感から、精神的疲労を募らせていく明日香。老人が何かを伝えようとして音を立てていたのではないかと思った彼女は、遺品整理で隣室を訪れる特殊清掃員・笹原(成宮寛貴)とその真意を探ろうとするが。*1

 

スタッフ・キャスト

監督: 中田秀夫

製作総指揮:佐藤直樹 

脚本:加藤淳也 、三宅隆太

企画:秋元康

出演者:前田敦子成宮寛貴勝村政信西田尚美、田中奏生、高橋昌也、手塚理美並樹史朗筒井真理子、諏訪太朗、柳憂怜、青山草太佐藤めぐみ岩松了朝加真由美

 

作品データ

製作年/国
2013年/日本

配給
松竹

時間
106分  

公開日
2013年5月18日

 

評価

Yahoo!映画 2.24点/5点 採点者数458人

ぴあ映画生活 50点/100点 採点者数34人

みんなのシネマレビュー 4.79点/10点 採点者数14人

 

中田秀夫監督

デビュー作が『本当にあった怖い話』シリーズの一作であったり、出世作も『女優霊』というホラー作品であり、何よりも『リング』の監督であることからホラー(専門)監督と見なされることが多いが、本人に取り立ててホラー映画指向はなく「本当に撮りたいものはホラーではない」と公言している。実際はメロドラマ志向の人であり、手塚治虫原作『ガラスの脳』はそれが結実した念願の企画でもある。*2

監督が『クロユリ団地』で撮りたかったものとは?

 中田監督は、「20年やってきたのでひとまず集大成。集合住宅が舞台というのは『仄暗い水の底から』に、この世にあらざるものがこっちに寄ってくるというのは『リング』に共通したもの。それらの要素を抱えながら、2013年に公開する映画として現代の風を入れようと脚本の時点から考えていた」と構想を明かした。*3

 感想

結論から言うと、ホラー映画としては全く面白くありませんでした。ホラー映画として観なくても、成宮寛貴さんと前田敦子さんの演技、恐怖の演出、ストーリー、全てにおいてもあまり良いものではありません。しかし、監督が「今までのホラーと違った新しいものを作りたかった」という気持ちは、若干伝わってきました。これが監督の言っていた「現代の風」の部分なのでしょう。

予告もなかなか良く、プロモーションもいっぱいやっていたので少し期待しすぎたところがあったのでしょうか。ちょっと残念でしたね。序章はまだ観ていないんですが、そちらの方が恐いという噂は聞いたことがあります。

クロユリ団地 スタンダード・エディション [Blu-ray]