B級ホラー映画人

 ネタバレなしのホラー映画のレビューサイトです!

『戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH』 ホラー映画レビュー

戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH

【映画パンフレット】 『戦慄迷宮3D』

あらすじ

10年前に遊園地のお化け屋敷で行方不明になった少女ユキ(蓮佛美沙子)が、雨の夜に突然現われ、ケン(柳楽優弥)とその友人たちは戸惑いながらも彼女を迎え入れる。しかし、突然ユキは発作を起こして倒れてしまい、ケンたちは病院へ向かうが、普通の病院かと思われた建物が、次第に姿を変え、迷宮のように変ぼうしてしまう。*1

キャスト・スタッフ

監督:清水崇

脚本:保坂大輔

音楽:配島邦明

出演者:柳楽優弥蓮佛美沙子勝地涼前田愛水野絵梨奈松尾スズキ、中村久美、中島ひろ子山中崇

作品データ

製作年/国
2009年/日本

配給
アスミック・エース

時間
95分  

公開日
2009年10月17日(土)

 評価

Yahoo!映画 2.46点/5点 採点者数132人

ぴあ映画生活 33点/100点 採点者数23人

みんなのシネマレビュー 3点/5点 採点者数7人

感想

呪怨』や『輪廻』でおなじみの清水監督の作品ですが、これは正直面白くないです。富士急ハイランドにあるお化け屋敷が舞台になっているため、1度このお化け屋敷に行ったことがある人はまあちょっとは楽しめると思います。ストーリーは個人的につまらないと感じましたが、演出は少しだけビックリすることが出来ました。まあでも観終わった感想としては「つまらなかったなー」というのが一番です。

ちなみにこの映画は、アジア圏で初の長編実写3D映画らしいです。そう考えるとなかなかすごいんでしょうか?

とりあえずおすすめはできません。富士急ハイランドのお化け屋敷自体はかなり楽しめるのでそちらはおすすめ!