B級ホラー映画人

 ネタバレなしのホラー映画のレビューサイトです!

『ドッペルゲンガー』 ホラー映画レビュー

ドッペルゲンガー

ドッペルゲンガー[レンタル落ち]

 あらすじ

早崎道夫は、医療機器メーカー、メディカル・サイテック社のエリート研究者。彼は10年前に開発した血圧計が大ヒットしたことで、次の開発へ向けて周囲から期待を寄せられている。だが、今では助手と共に人工人体の開発を続けるもはかどらず、上司からもたびたび進捗状況を問われ、ストレスを募らせていた。そんなある日、スランプ状態に陥る早崎の前に突然、彼に瓜二つの外見を持つ分身“ドッペルゲンガー”が出現した。そして、早崎が必死にその存在を否定する中、分身は彼に協力するために現われたと告げるのだった…。 *1

監督:黒沢清
脚本:黒沢清古澤健
音楽:林祐介
出演者:役所広司永作博美ユースケ・サンタマリア柄本明、ダンカン、戸田昌宏、佐藤仁美、鈴木英介、岩瀬祐二、井上肇、小西崇之、高橋大祐、高橋洋、田口貴恵

作品データ

製作年/国
2002年/日本

配給
アミューズ=「ドッペルゲンガー」製作委員会

時間
107分  

公開日
2003年9月27日(土) 

評価

Yahoo!映画 3.34点点/5点 採点者数29人

ぴあ映画生活 62点/100点 採点者数69人

みんなのシネマレビュー 5.63点/10点 採点者数54人

感想

この映画は、役所広司さんが画面に2人出てきて殴り合いをしたら面白いだろうなーという発想から生まれた映画だそうです。最初は純粋なホラー映画のような始まり方なんですが、そこからは結構コメディみたいな感じになっていきます。

この映画で出てくる役所広司さんのドッペルゲンガーは、本人の知らないところでとにかく好き勝手に行動します。そんなに悪いやつではないんですが、本人からしたら大迷惑。もし自分のドッペルゲンガーがこの映画のように好き勝手暴れたらと考えると少し怖くなります。

そんなに評価は高くないですが、この映画はなかなか面白かったと思います。観終わった後に、あの場面はどういう意味だったのか、あの時点での役所広司は・・・など色々と意見が出てくると思います。

黒沢清さんの世界観は独特なので、なかなか理解するのが難しいです(笑)とりあえず、役所さんと役所ドッペルのやりとりが面白いのでそれだけでも観る価値はありです!

 あと永作さんもかわいい。

ドッペルゲンガー [DVD]

ドッペルゲンガー [DVD]

 

*1:Yahoo!映画